« 10月07日シマックス定例会 | トップページ | 【絶品!】ローカル探訪!印西@DEEP その14:絶品イチゴのかき氷! 『和田農園』 »

2018年10月 8日 (月)

【藝術の秋】副店長の文化総論 その3:チョークレタリングに挑戦してみよう!の巻

どうもsign03



副店長の良介ですbookbook



僕のお友達に、文房具卸の営業をしている人がいるんですが、度々サンプル品をくれたりしますhairsalon



そして、今回貰ったのがコチラ↓



P_20181009_090259_vhdr_on



チョークでございます。



チョーク製造国内シェアナンバーワン、日本理化学工業さんの商品みたいです。

皆さんにとっても懐かしの、学校のチョークなんかもほぼ100%ここのやつのはずです。



”理化学”というと思い出すのは、

「STAP細胞はありまぁす!」

の、理化学研究所ですが、おそらく関係は無いとのこと…



とまぁ、前置きはこのぐらいにして、早速描いてみましょうsign03



参考書籍は一番評価が高そうだったこの本 bookbook



基本中の基本っぽい、サンセリフ書体とやらを書いてみましょうsign03



P_20180925_195006_vhdr_on



なるほど、チョークっぽい…

模写してみます。



P_20180925_194951_vhdr_on



coldsweats01

いや、これむずすぎますがな…wobbly



反省点をあげると、



1.お手本は線の太さが均一だが、こっちはバラバラ
2.線の端っこ、書き始め・書き終わりが汚い




多分こんなところ。



チョークの先端を鉛筆削りで尖らせながら書くんですが、それを結構横着したので、そこをしっかりすればもうちょっとマシになるかなと思います…sad



P_20180927_164544_vhdr_on1_2



息抜きで書いたマックス…やっぱり字より絵のほうが描いてて楽しいですねsign03

でも実用性はレタリングのほうが上っぽい気がするので絵はおいおいです。



みなさんも是非挑戦してみてはいかがでしょうかhappy01

|

副店長の文化総論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く